【イル活をやめた理由】を書いてみた。

スポンサーリンク


『韓国のアイドルを追うということ』は私にとって、

追って、韓国語で話して、歌詞と会話を聴いて楽しむ

という単純なこと。

 

だから、日本に来てくれることはとてもうれしいけど、

日本に来て、日本語のアルバムを出して、日本のリリースイベントに行って、日本語交じりで話して・・・。

そうしてもあんまり楽しくなかったのです。

それに、日本のファンが多いのがなんだか嫌なのです。

完全に日本の全けーぽヲタを敵に回しています w w w

 

すみません。でも、嫌なものは嫌。

これが、イル活を辞めた理由。

 

でもけーぽは好き。韓国も好き。今でも。

 

実は半年ニートしていた時があって、その時にたくさん追った。

それと同時に、韓国の地方にも興味が湧いて15都市くらい行った。

 

でも、まだまだオタクも地方都市も行き足りてない。

 

いま、25歳で将来の夢もくわしくは決まってないんです。

でも、なんとなく生きているわけではない。

オタク以外のことも続けてやっていきたい。

 

けど「韓国に滞在する」という行為が好き。

 

私は頻繁には行かないけど、1回の滞在期間が普通の旅行より長めなんです。

また1ケ月とか滞在したいなあって思う。

3ヶ月(90日以内)までならビザなしで行けるし。

 

正直「ワーホリ」という手もあるけど、今のところする気はないのです。

賃金安い、人間関係面倒くさいのが嫌。

経験ないので偏見ですが。

 

1ケ月弱なら、仕事休んでも行けそうだけど。

でも、自分で仕事ができる力もつけたくて。

それに、日本でひとり暮らしするにも2年契約で住める自信がないのです。笑

って考えるととりあえず住みたい場所に、ほいほい住めればいいかなあって。(軽い)

 

話がそれるけど、リゾートバイトとか面白そうだなって。

最近までは、リゾバのキャバクラで働こうか真剣に迷っていました。笑

私みたいな芋顔でも働けそうやもん(舐めてません)。

 
すみません、独り言でした。
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2014年に韓国のエンターテイメントにハマる。 2015年5月に語学院へ短期留学。 現在はオタ活と韓国の地方を周っています。 ロールモデルはIU。 1992年生まれ、愛知県出身。